丸田塾は今年で創立34年になります

丸田塾は今年で創立34年になります。当初は代表の丸田芳広(今でも兵庫教室で現役指導しています!)が佐賀市兵庫町の田んぼの中の一軒家で、ひとりで始めた寺子屋的な塾でした。

30年以上前の教室前です、
まだ看板の字が白いですね。

当時から勉強ができるできないに関わらず、個人の目標に応じた指導をしてきました。これは今でも変わりなく丸田塾の信念となっています。上位の進学校を無理強いしない、行きたい学校に行かせてあげる、将来の夢への道筋を示す指導は今でも変わりはありません。子どもたちにたくさんのことを感じさせたり体験させたいという考えから、プロを招いての講演も行っています。サガテレビのアナウンサーに来てもらい取材についての話などをしていただいたり、作家の方に小説を書く過程を教えていただいたりしました。また社会貢献としてサガン鳥栖のスポンサーをしていたので、選手たちに来てもらいプロへの道、プロの意識を聞かせてもらいました。

 現在とは違い、畳敷きの教室⁈でした。
それでも、講師を招き講演を行ったこと

もありました。

今では丸田塾を卒業していった子どもたちが大人になり結婚して子どもを丸田塾に通わせる、ということが丸田塾の75%が口コミ・紹介の塾であることを裏付けています。

まだまだ、地域の子どもたちの
ために頑張ります!

関連記事

  1. 「やるべきことをやりに来てます!」

  2. 成清の英語クリニック(小学生編)