成清の英語クリニック(小学生編)

第2回英検が終わりました。準会場である丸田塾でも多くの生徒がチャレンジしてくれました。これから、2次試験に向けた対策が始まります。

塾生は「オンライン英語」を利用した、ネイティブとの2次試験対策も行っています。合格目指して頑張りましょう!

さて、「英検」や「オンライン英語」について小学生の受験・受講者が増加していることもあり、今回はアメリカでの長期の生活経験がある成清先生に「小学生の英語の勉強方法」について聞いてみました。

その①「よく聞いて、真似しよう」

「単語とその絵を見て」発音をよく聞いてまねします。そして、絵を見て英語で言えるようにします。 次に、発音しながら何度も書いて練習します。

この時の注意として、多くの英単語のつづりはローマ字と違いますので、無理にローマ字を当てはめてはいけません。例えば、靴はシューズと発音してshoesと書きます。大事なのは「へえ、シューズはshoesと書くんだあ!」「変だけど、これが英語なんだなあ!」と興味を持って覚えていくことです。ローマ字から考えて覚えようとしてもなかなかうまくいかないと思います。

その②「 目、耳、口、手を使って練習しよう」

まず、英文をよく見て意味や単語の練習をしましょう。「見る・書く」

次に、英文の発音をよく聞いて言えるようにします。「聞く・言う」

そして、日本文を見て英語が言えるようにします。「日本語を英語に」

次に、英語を見て発音しながら書けるようにします。 「発音して書く」

大事なのは、目、耳、口、手を使って、

よく真似て繰り返し繰り返し練習をすることです。

関連記事

  1. 「やるべきことをやりに来てます!」

  2. 丸田塾は今年で創立34年になります